読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ご当地インフォメーション♪

ポイントサイトのご当地検定の解答と関連サイトを紹介しています♪

大阪市の『うさみ亭マツバヤ』が元祖とされるうどんの種類は

大阪市の『うさみ亭マツバヤ』が元祖とされるうどんの種類は?

参照:

↑こちらによると、「きつねうどん」を世の中に誕生させのは、明治26年創業の「うさみ亭マツバヤ 」さんだそうです。

初代店主の宇佐美要太郎さんが寿司屋で奉公をしていた経験から、うどんを注文したお客さんに、いなり寿司に使うお揚げを別皿に入れてサービスとして出してみた事が全ての始まりだとか!

この段階では、「単に、うどんと別にサービスとしてお揚げを出した」だけだったようですが、お客さんが、そのお揚げをうどんの中に入れて一緒に食べてしまい、「とても美味しい!」と絶賛されたことが「きつねうどん」の始まりと言われているそうです。

私も「きつねうどん」大好きです☆なので、「うさみ亭マツバヤ 」さんだけでなく、この「サービスとして出された揚げをうどんに入れてくれた」お客に感謝です♪

正解:「きつねうどん